中国万龍FISレース SL リザルト

image

本日の中国でのFIS万龍大会のスラロームで置環所属の結城智裕選手が、1本目3位から2本目で一つ順位を上げ2位をゲット!
また1本目4位につけた武田一将選手は、2本目序盤のミスが響き7位となってしまいましたが、昨日のGSで突風の中で滑らされ、まったくタイムを伸ばせずに終わってしまった悔しさはぶつけられたでしょう!

結城選手は3年前に大怪我をし、リハビリを2年続け、昨シーズンからレースに本格的に復帰したものの、膝の痛みが消えず辛い思いをしてシーズンを闘っていましたが、今季からはその痛みが消え、自分の思うスキーができるようになったと喜んでいた矢先の結果でした!
この3年間、諦めずに繋げてきた思いを今季の滑りにぶつけてほしいと思います!

現在、体調を崩してしまい思うように滑れなかった選手、また出場を諦めた選手もいます。
明日の中日で体調を戻し、明後日から始まるコンチネンタルカップに向けてしっかり調整していきましょう!

まずは今日上位に入ってくれた2人が良い流れを作ってくれたと思います!